美濃白川岐阜車体の森で活動を実施

2019年12月04日

11月30日、雲一つない青空の下、岐阜車体の森にて今年度最後の活動を行いました。

今回は来年の春に行うしいたけの菌打ち用の原木を製作しました。森の木を手ノコで切り出し、原木のサイズにまた手ノコで切っていくという骨の折れる作業でしたが、メンバーのチームワークの良さで手際よく作業を進めました。また冬を越す紫陽花のために、食堂の残飯から作った肥料を撒き、獣害対策としてビニールを被せました。

お昼はすっかり秋模様となったクオーレふれあいの里で五平餅を作り、ダッチオーブンで作った熱々のポトフや鶏ちゃん焼きなどで作業の疲れを癒しました。

次回の活動は春の桜の咲く頃に行います。また5月には10周年の記念イベントも予定しております。さらに先の10年を見据えて、来年も精力的に活動していきます。